ドレスの流行と選び方

Best Bridal

ウェディングドレスの選び方とは

結婚式が決まったら、ウェディングドレス選びも必要になります。
ウェディングドレスにはバージンドレス、レンタルドレス、オーダメイドなどがありバージンドレスとは誰もまだ袖を通していないドレスを買い取るものです。
時間がかかるのはオーダーメイドで次ぎにバージンドレス、レンタルドレスとドレス選びの時期も異なりますので余裕をもって準備するようにしましょう。
ウェディングドレスの選び方は結婚式会場の広さや雰囲気も考慮しておくことが大切です。
会場にあったドレスを選ぶようにすることで、より引き立たせることができるようになります。
また自分の体形などに合わせたチャームポイントを生かすデザインを選ぶようにするのも大切なポイントです。
例えば背が高い場合はシンプルなデザインでソフトな生地を使ったものや、背が低い場合には縦のラインを強調したデザインのもの、スレンダーな場合はモチーフやスカートなどふんわりとしたラインのデザインのものを選ぶのもよいです。
花嫁さんのウェディングドレスにばかり、気を取られがちですが新郎都の衣装のバランスもとても大切です。
新郎の衣装の色を濃い色にすると、ドレスの純白さがより引き立って美しく演出することができます。

ウェディングドレスの流行について

最近ではウェディングドレスのデザインも様々な物が出てきています。
昔は手首まで袖が付いていて、肩がふんわりと大きくなっているようなデザインが人気だったのですが、最近では肩やデコルテを出しているようなデザインのウェディングドレスがとても人気となっているのです。
肩やデコルテが大きく開いていることによって、ヘアスタイルもきっちりアップにする必要はなく、片側を流しているようなヘアスタイルだったり、おくれ毛を残すようなヘアスタイルにしても、重たく見えることがないのです。
ドレスの裾はふんわりと広がっているようなプリンセスラインと言われるような物も人気となっているのですが、マーメイドラインと言って、腰がキュッと締まっていて、裾に行くに連れて広がっていくというようなデザインもとても人気となっています。
しかし、腰のラインが出てしまうということがありますので、ある程度背が高く、脚が長い人でないと似合わないという盲点もあるのです。
自分の体型に合っているドレスを選ぶという事も重要なのですが、自分の肌の色に合うようなホワイトカラーを探すということもとても重要なことなのです。
日本人は真っ白いドレスよりも、少し生成りが入っているようなホワイトカラーの方が似合うということもありますので、自分の肌に合わせて選ぶことも大切なのです。

Favorite

プリント基板のメーカーについて問い合わせたい方はおまかせください

プリント基板 メーカー

外壁塗装を世田谷区で行っている会社です

外壁塗装 世田谷区

中古物件のリノベーションを大田区で検討している方はご相談ください

中古物件 リノベーション 大田区

Last update:2018/8/23

COPYRIGHT(C) 2015 Best Bridal. ALL RIGHT RESERVED